仕事と人

お客さまを想い、ともに働く仲間を想う。ここにあるのは、「人間味のある仕事」です。

お店にご来店いただいたお客さまに対し、
真におもてなしをするために欠かせないのが「人間味」です。
お食事を作ってお出しする・・・、ただそれだけのように見える、そのなかに、
スタッフ一人ひとりの、お客さまへの想い、ともに働く仲間への想い、
また、味への想い、すなわち「人間味」がしっかり込められているからこそ、
それが、最高の「ごちそうさま」につながるのです。
あなたもKRフードサービスで、熱い、人間味のある仕事にぜひチャレンジしてください。

キャリアアップ 一人ひとりの適性と希望に応じてキャリアアップしていきます。

KRフードサービスには、様々なキャリアアップの道があります。1つは、「かごの屋」や新規事業などの現場業務から始めてエリアマネジャーやスーパーバイザーを目指す道。もう1つは、サービスエリア・パーキングエリアを担当してエリアマネジャーをめざす道。または、本部スタッフとして経営幹部をめざす道。店舗と本部を行き来するジョブローテーションもあり、さまざまな業務を経験しながらキャリアアップしていくことも可能です。

いずれにせよ、KRフードサービスではやる気と実力次第で積極的に人財登用するため、想像以上のスピードで成長していく自分を実感できるでしょう。

若手社員メッセージ

料理長 2010年入社 斉藤 誠

人とのかかわりに魅せられて入社。「人の和」こそ「かごの屋」の強みです。

実は学生時代、「かごの屋」でアルバイトをしていました。そこで一緒に働く仲間とのふれあいにすっかり魅せられ、他社からもらった内定を断ってこの会社に入社しました。 担当はキッチン業務。調理や仕込み、衛生管理、アルバイト教育など、全般的に携わっていますが、やりがいは何と言っても「人」とのかかわり。高校生から自分の親世代まで、幅広い年代のパート・アルバイトスタッフとコミュニケーションをとりながら、時に叱り、時に褒めて、しっかり教育していかなければなりません。高校・大学時代は人間的にも成長著しい時期。「かごの屋」のアルバイトを通して成長していく姿を見ると、本当にうれしく思います。そしてもちろん、こうして人が育ち、スタッフ全員が楽しみながら「かごの屋」という店を盛り立てようと一致団結していることは、お客さまへの最高のおもてなしにもつながります。働くみんなが「かごの屋」が大好き。そんな想いを共有する「人の和」こそ、「かごの屋」の強みだと思います。

キッチン業務担当 2011年入社 北川 幸平

尊敬すべき料理長のもとで日々、腕を磨いています。

料理好きだったことからキッチン業務を希望し、現在、料理長を目指して腕を磨いています。調理をしてお皿に盛りつけ、お客さまにお出しする・・・。それだけのことに思えますが、やはりプロの世界。奥が深いと実感します。入社後、包丁の持ち方から素材の扱い方、火の通し加減、盛りつけまで、一つずつ徹底的に指導していただきました。おかげで少しずつですが腕は上がり、今では店で提供する料理なら一通り作ることができるようになりました。現在の上司である料理長は、店のスタッフ全員から厚い信頼を得ており、見習うべきところがとても多い人です。調理技術はもとより、スタッフとのコミュニケーションのとり方、ムードメイクも含めたキッチン運営など、いつも勉強させてもらっています。「かごの屋」はチームワーク抜群で、楽しく働くことができる職場です。その恵まれた環境に甘えることなく、しっかり自分を磨いていきたいですね。

ホール業務担当 2011年入社 坂本 菜緒

ここなら自分で会社を変えながら、一緒に大きく成長していける。

もともと接客業志望で大手企業を中心にまわっていましたが、この会社と出会って「ここなら自分で会社を変えながら、一緒に大きく成長していける!」と感じて入社を決めました。 現在はホール担当として、接客はもちろん、アルバイトの教育、売上管理や外商など、店舗運営全般に携わっています。接客は、自分で良しと思えることでも、お客さまにとってはベストではないところが難しくもあり、おもしろさでもあります。マニュアル通りでは決してお客さまの満足は得られないため、お客さまからいただくご意見やお叱りを糧に経験値を高めています。一方で、入社2年目でありながら、「かごの屋」全店のサービスを考える本部チームの一員に選ばれ、サービス改善プロジェクトに参加させてもらっています。たとえ経験が浅くてもチャンスをくれるKRフードサービスの風土に、ますますやる気を燃やしています。

3つの人間味ストーリー 「私たちがここにいる理由」
  • あさがくナビ2018
  • リクナビ2018
  • マイナビ2018